みんなとだから、できること。 TOYOTA SOCIAL FES!! 2019

2018年に始まった “TOYOTA SOCIAL FES!!”
活動のテーマは「次世代の環境のために」。

燃料電池自動車MIRAIや、プリウスPHV、次々と普及していくハイブリッド車などに込められた、「より良い未来を作る」という想いのもと、地域の未来を作る活動を全国で行なっています。

前身のAQUA SOCIAL FES!!から更に進化して、
7年間で約8.3万人の方が参加!

みんなで楽しむアクティビティや、地域の名物で作られたお昼ご飯。ただの環境活動ではなく、楽しみながら良いことをするという、「FES」に込めた想いを、もっともっと加速させて。自分の住む地域をもっと好きになる、ずっと守りたくなる。

そんな休日の楽しい活動をたくさんご用意していきますので、仲間や恋人や家族と一緒に是非ご参加ください。

Close

よりよい未来って言っても、そう簡単には作れません。
プログラム当日は、いつもより動くから汗もかきます。
植物をズボッと抜いたりすれば、手も汚れます。
汗をふけるマフラータオルに、動きやすい軍手を用意しました。
プログラムの当日にお渡しします。
参加してくれる皆様へ、TOYOTAから感謝の気持ちです。

Close

TOYOTA

TOYOTA SOCIAL FES!! 2019 みんなとだから、できること。

TOYOTA SOCIAL FES!!

鹿児島

TOYOTA SOCIAL FES!! Presents

錦江湾、水辺と未来のプロジェクト

with 南日本新聞社

  • サイトトップ
  • プログラムレポート

目的鹿児島の自然環境と海辺の文化を未来につなぐ

第2回

ユクサおおすみ海の学校「体験学習の日」(仮)

自然を五感で感じ、地域の魅力を体験します。

周辺地域の過疎化によって廃校となった旧鹿屋市立菅原小学校。学校のすぐ裏が錦江湾、という海の近さを生かした学校行事で知られていました。旧小学校は現在、自然体験や観光交流拠点として整備されつつあります。

第2回では、自然を五感で感じる体験プログラムをご用意します。地域の豊かさ、魅力に再び目を向けてみませんか?

・主催:くすの木自然館、ユクサおおすみ海の学校
・共催:南日本新聞社
・後援:鹿屋市(予定)

REPORT

第1回

ひがたのだいうんどうかい

干潟で暮らす生物と水環境に対する干潟の働きを、ミニゲームを通して楽しく学びます。

鹿児島湾(錦江湾)の再奥にある重富干潟は、近年の環境活動により美しい環境と豊かな自然が戻ってきました。ですが、環境の維持にはかねてからの意識的な取り組みが必要です。

第1回は「ひがたのだいうんどうかい」。レクリエーション、清掃活動を通じ、干潟の生態系や役割を学びます。干潟で思い切り遊ぶことが、実は、とっても大事なことなんですよ。干潟で暮らす生物と、水環境に対する干潟の働きを、ミニゲームを通して楽しく学びましょう!!
------------------------------------
※雨天の場合:少雨決行(荒天の場合は、8月25日に順延とさせていただきます)

<交通アクセス>
お車または公共交通機関でお越しください。
【電車の場合】
JR鹿児島本線姶良駅より徒歩11分

・主催:くすの木自然館、南日本新聞社

※注意事項:お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。当選者の方へは開催前にご連絡をさせて頂きます。

第1回開催終了しました!

※当日の写真はこちらへ→Facebookで「トヨタ アクア|TOYOTA AQUA SOCIAL FES」を見る

REPORT