みんなとだから、できること。 TOYOTA SOCIAL FES!! 2019

2018年に始まった “TOYOTA SOCIAL FES!!”
活動のテーマは「次世代の環境のために」。

燃料電池自動車MIRAIや、プリウスPHV、次々と普及していくハイブリッド車などに込められた、「より良い未来を作る」という想いのもと、地域の未来を作る活動を全国で行なっています。

前身のAQUA SOCIAL FES!!から更に進化して、
7年間で約8.3万人の方が参加!

みんなで楽しむアクティビティや、地域の名物で作られたお昼ご飯。ただの環境活動ではなく、楽しみながら良いことをするという、「FES」に込めた想いを、もっともっと加速させて。自分の住む地域をもっと好きになる、ずっと守りたくなる。

そんな休日の楽しい活動をたくさんご用意していきますので、仲間や恋人や家族と一緒に是非ご参加ください。

Close

よりよい未来って言っても、そう簡単には作れません。
プログラム当日は、いつもより動くから汗もかきます。
植物をズボッと抜いたりすれば、手も汚れます。
汗をふけるマフラータオルに、動きやすい軍手を用意しました。
プログラムの当日にお渡しします。
参加してくれる皆様へ、TOYOTAから感謝の気持ちです。

Close

TOYOTA

TOYOTA SOCIAL FES!! 2019 みんなとだから、できること。

TOYOTA SOCIAL FES!!

北海道

TOYOTA SOCIAL FES!! Presents

クリーンHOKKAIDOプロジェクト

北海道新聞社

  • サイトトップ
  • プログラム詳細

第3回

イタンキ浜の鳴り砂を守ろう!

REPORT
【室蘭鳴り砂を守る会との清掃活動もとうとう7年目】

室蘭のイタンキ浜は、全国でも貴重な「鳴り砂海岸」。しかし、不純物があると鳴らないので定期的な清掃活動が不可欠です。「室蘭イタンキ浜鳴り砂を守る会」の皆さんが定期的に清掃活動に励んでくれていますが、次から次へとゴミが漂着する為、地域住民のみなさんの協力が必要となってきます。TOYOTA SOCIAL FES!!との協業も7年目を迎え、活動はすっかり定着してきました!

【清掃活動を通して鳴り砂を体験!イタンキ浜の地質や歴史も学びます。】

今年度も室蘭市内を中心に苫小牧、登別、伊達などから総勢約100人が参加。鳴り砂で有名なイタンキ浜の清掃を行いましたよ。

抜けるような青空のもと、ペットボトルや空き缶、大きなブイ、ロープ、網など漁業用の漂流物等様々なゴミを拾いました!

また「室蘭イタンキ浜鳴り砂を守る会」の方に用意いただいた紙芝居を通して、イタンキ浜の地質や歴史も学び、自然をより身近に感じることができましたね (^^)この日の砂浜では、乾いたところを歩くと「キュッ!キュッ!」と音が鳴っていました。これには大人も子供も大喜び☆

【イタンキ浜の清掃を通して、地域住民みんなが自然環境について考え行動する大切さを実感!】

回収した海岸のゴミは100袋以上。清掃プログラム終了後は、みんな満足げな表情で大量のゴミを眺めていました。こうした地道な作業からイタンキ浜の鳴り砂が守られていくことを学び、自然環境について地域住民みんなで考え行動する大切さを改めて実感できました。参加者からは「イタンキ浜にこんなにたくさんのゴミがあることにびっくり。清掃活動にまた参加したい。」「地元にこんな素晴らしい自然があるとは思わなかった。鳴り砂を地域みんなで守っていきたい」とたくさんの笑顔が見られたTOYOTA SOCIAL FES!!でしたね。参加してくださったみなさん、ありがとうございました!

TOP

第2回

湯の川海岸をきれいにしよう!

REPORT
【観客が残したゴミや海岸の漂流物を拾い、街をキレイな状態に戻しましょう!】

函館湯の川温泉旅館協同組合が主催する湯の川温泉花火大会は、地元民や観光客を毎年楽しませてくれます。しかし、会場跡には観客の食べ残しやタバコの吸い殻などが散乱してしまうのが問題です。また、海岸にはロープや浮き玉など津軽海峡からの漂流物も散見され、毎年花火大会翌日に旅館組合のメンバーがゴミ拾いをしていますが人手が足りていません。そこで6年前からTOYOTA SOCIAL FES!!と一緒になって清掃を行う事となり、活動が約2倍にパワーアップ!!旅館組合からも大変喜ばれており、これからも継続していきたいイベントなんです(^^)

【今年も湯の川海岸と温泉街一帯を青いビブスで埋め尽くしました!】

今年は台風10号の影響で、花火大会が順延。その影響でTOYOTA SOCIAL FES!!も当初の8月18日(日)から19日(月)に順延開催となりましたが、一般参加者、湯の川温泉旅館協同組合、企業など合わせて100名弱の皆さんが集まってくれました☆台風明けで好天にも恵まれ、気温も30度近くまで上昇。海岸線を中心に清掃を行うチームと温泉街一帯を中心に清掃活動を行うチームに別れて、いざ活動スタート!

会場跡には食べ残しやペットボトルなどが散乱。砂浜には昨年同様、ロープ、浮き玉などが落ちていました。今回はアイススレッジホッケー選手の永瀬充さんも参加してくださり、参加者一丸となって精力的に清掃を行いましたよ。

燃えるゴミと燃えないゴミに分別して集め、全員で集めた袋は40ℓの袋100個ほど。山積みとなったゴミは鳥に荒らされないよう、きっちりブルーシートでくるみ、今年も業務完了です!

【湯の川海岸や温泉街の景観を守っていこう】

参加者にお話を伺ってみると「初参加だったが、とても良い企画だった。」「今回の活動に参加したことで、なるべくゴミを出さないよう意識したい」との声があがりました。永瀬さんも「清掃活動に参加することで、街もキレイになり、心までも浄化された気持ちになる。とても大切な活動」と話してくれましたよ(^^)これからも地元の貴重な観光資源である湯の川海岸や温泉街の景観を守っていきたいですね!参加してくださったみなさん、ありがとうございました!

TOP

第1回

湧別川をまるごと楽しもう!

REPORT
【河川清掃や生態調査・カヌー試乗・釣り体験で、地元の自然を身近に感じよう】

オホーツク・湧別川の自然に関心をもってもらい、楽しく学び、安全に遊ぶ。北見山地・天狗岳からオホーツク海へ流れる湧別川はその流域に豊かな自然を残していますが、その自然の豊かさに親しむことは地元の方々でもなかなか体験しないままのことも多いのが実情です。身近なところにあった大自然に親しみ、その環境の豊かさ・美しさをあらためて感じ、次代に引き継いでいけるよう、河川敷の清掃、カヌー体験やネイチャーゲーム、川虫や川魚などの自然観察・水質調査を行いました!!

【透き通った青空と大自然の下、川に入って生態系を楽しく学ぶ!】

当日は最高気温28度の晴天と、絶好のフェス日和☆参加者の大半が半袖短パンで参加しており、川に入る場面では涼しげで気持ちよさそう!はじめに参加者全員でゴミ拾いを行って川辺周辺をきれいにした後は、4グループに分かれ、湧別川支流でタモやバケツを使って生き物観察。ウグイやヤマメなどの小魚やカニ、ドジョウなどをすくって、魚類調査や水質調査を行いました。

ヤツメうなぎ等の珍しい生体も含め約60匹の様々な種類の小魚を採り観察、湧別川のきれいな水質と多様な生態系に触れられたことで、みなさん真剣に、楽しく、湧別川の自然を学んでいる様子でしたね(^^)

昼食の後は、カヌー試乗、釣り体験、植物観察などのネイチャーゲームを実施しましたよ!

【豊かな自然と清く流れる湧別川。多くの人に関心を持ってもらい、地域みんなで守っていきたい】

「自分の身近な川にこんなにたくさんの魚がいるのは知らなかった」「もっともっと湧別川で遊んでみたい」「湧別川や周りの自然について多くの人に関心を持ってもらい、地元みんなで大切に守っていきたい」といった声があがった今回のTOYOTA SOCIAL FES!! 今回のさまざまな活動を通じて、生態系のしくみを学ぶとともに、川の保全の大変さについて体感し、地元アウトドアクラブの地道な活動の大切さを実感していただけたら幸いです。子供から大人までが楽しみながら美しい湧別川の自然について学び、その環境を守るための活動としてこれからも続けていきたいですね!参加してくださったみなさん、ありがとうございました!

TOP