みんなとだから、できること。 TOYOTA SOCIAL FES!! 2019

2018年に始まった “TOYOTA SOCIAL FES!!”
活動のテーマは「次世代の環境のために」。

燃料電池自動車MIRAIや、プリウスPHV、次々と普及していくハイブリッド車などに込められた、「より良い未来を作る」という想いのもと、地域の未来を作る活動を全国で行なっています。

前身のAQUA SOCIAL FES!!から更に進化して、
7年間で約8.3万人の方が参加!

みんなで楽しむアクティビティや、地域の名物で作られたお昼ご飯。ただの環境活動ではなく、楽しみながら良いことをするという、「FES」に込めた想いを、もっともっと加速させて。自分の住む地域をもっと好きになる、ずっと守りたくなる。

そんな休日の楽しい活動をたくさんご用意していきますので、仲間や恋人や家族と一緒に是非ご参加ください。

Close

よりよい未来って言っても、そう簡単には作れません。
プログラム当日は、いつもより動くから汗もかきます。
植物をズボッと抜いたりすれば、手も汚れます。
汗をふけるマフラータオルに、動きやすい軍手を用意しました。
プログラムの当日にお渡しします。
参加してくれる皆様へ、TOYOTAから感謝の気持ちです。

Close

TOYOTA

TOYOTA SOCIAL FES!! 2019 みんなとだから、できること。

TOYOTA SOCIAL FES!!

富山

TOYOTA SOCIAL FES!! Presents

とやまの豊かな自然を未来に遺そうプロジェクト

北日本新聞社

  • サイトトップ
  • プログラム詳細

最終レポート

とやまの豊かな自然を未来に遺そうプロジェクト

RESULT
【富山の豊かな自然に親しみ、守っていこう】

環境保全を目的とした「TOYOTA SOCIAL FES!! 2019」を富山市の環水公園で開催しました。海岸の漂着ゴミの大半は、市街地から河川を通じて流れつくものだと言われています。会場を含めた富山駅北周辺の清掃活動や運河でのカヌー体験などを通じて富山の豊かな自然に親しみ、水辺の環境問題に理解を深めました。

【まちなかの水辺きれいに 富岩運河環水公園で活動】

2年目となる今年のイベントは9月8日に開催。家族連れや県内トヨタ販売店の社員ら約150人が参加しました。ネッツトヨタノヴェルとやまの荻原道郎社長があいさつし、全国で行う環境保全活動について説明しました。県カヌー協会アドバイザーの北本忍さんを招き、カヌー教室を実施。子どもたちは、北本さんやスタッフから、カヌーの操作方法を教わり、楽しそうにパドルをこいでいました。環日本海環境協力センターの吉森信和さんは、私たちの生活と漂着ゴミの関係性について解説。ゴミをポイ捨てしないことや積極的に清掃活動を行うことの大切さについて話しました。最後にはグループに分かれて会場周辺を清掃しました。

【ゆかりの地・富山でカヌーの魅力を発信】

2000年とやま国体の強化選手として1999年に県体育協会に入り、数々の国際大会で活躍した北本さん。引退した今でも、富山を度々訪れ若手選手の指導に尽力しています。イベントでは自身もカヌーに乗船。カヌーをこぐ速さに参加者からは驚きの声が上がりました。また、富山で過ごした現役時代の話やカヌーの魅力を紹介してくれました。

【身近な環境問題 学び考え行動を】

活動後、参加者からは「カヌー体験ではパドルを動かすことがむずかしかった。家族と協力して進むことができてうれしかった」「清掃をしてみると身の回りにも意外とたくさんのゴミが落ちていてびっくりした」「ゴミのポイ捨てについて考え直す良いきっかけとなった」「海を汚さないように注意していきたい」などの意見が寄せられました。北本さんはイベントに参加して「素晴らしいイベントに参加させていただき、私自身も環境問題への意識が高まった」と話しました。これからも富山の豊かな自然を守っていくために、日ごろから意識して行動していきたいですね。

主催 北日本新聞社
後援 富山県、富山市、とやま環境財団
協力 富山県カヌー協会、白水カヌークラブ、環日本海環境協力センター

TOP