遠くへ行けなくなった時、
私たちを癒しつづけてくれた地域の自然。

その恩返しをするために
TOYOTA SOCIAL FES!!が、今年も開催されます。

楽しみながら自然を守るという想いのもと、
2012年に日本全国47都道府県で始まったこの活動。
9年間で約9.1万人もの方に参加いただきました。

今年は現地開催に加えて、
より多くの人が楽しめるように
オンラインプログラムも準備しています。

さぁ、自然を守るを、みんなで楽しく。

Close

よりよい未来って言っても、そう簡単には作れません。
プログラム当日は、いつもより動くから汗もかきます。
植物をズボッと抜いたりすれば、手も汚れます。
汗をふけるマフラータオルに、動きやすい軍手を用意しました。
プログラムの当日にお渡しします。
参加してくれる皆様へ、TOYOTAから感謝の気持ちです。

Close

TOYOTA

TOYOTA SOCIAL FES!! 2022 みんなとだから、できること。

TOYOTA SOCIAL FES!!

滋賀

TOYOTA SOCIAL FES!! Presents

琵琶湖環境学習プロジェクト

京都新聞

  • サイトトップ

目的琵琶湖のヨシを通じて持続可能な社会の在り方を学び、行動するきっかけをつくる

第1回

水環境や生態系を守るヨシの役割を学び、保全しよう!

開催日時
2022年11月

予定

開催場所
淡海環境プラザ(草津市矢橋町字帰帆2108)
琵琶湖に生息するヨシについて学びます。

琵琶湖のヨシ群落は鳥や魚類の生息場所であり、湖岸の浸食防止、水質保全などにも役立っていますが、近年は埋め立てや湖岸堤の整備などにより減少が進んでいます。生態系の保全のためにも良好なヨシを守り育てていくことが必要です。

そこで、琵琶湖の環境、生態系、景観保全に役立つ植物として重視されているヨシの健全な育成と活用を目的としたプロジェクトを実施します。前半は座学形式で、ヨシ帯の話を聞き、生き物の命を育んでいることや琵琶湖の水の浄化に関係が深いことなどを学びます。後半は、琵琶湖畔でヨシの観察や収集を行い、ヨシを使ったクリスマススワッグ作りを体験します。

・主催:京都新聞
・共催:公益財団法人淡海環境保全財団(予定)

COMING SOON
  • TOP