遠くへ行けなくなった時、
私たちを癒しつづけてくれた地域の自然。

その恩返しをするために
TOYOTA SOCIAL FES!!が、2年ぶりに帰ってきます。

楽しみながら自然を守るという想いと共に、
2012年に日本全国47都道府県で始まり、
8年間で約9万人が参加してくれた活動が、
今年はさらにパワーアップ。

今までよりも多くの人が楽しめる
オンラインプログラムや、
地域の自然を未来へ残すため、
ドネーションギフトもはじめます。

自然を守るを、みんなで楽しく。

Close

よりよい未来って言っても、そう簡単には作れません。
プログラム当日は、いつもより動くから汗もかきます。
植物をズボッと抜いたりすれば、手も汚れます。
汗をふけるマフラータオルに、動きやすい軍手を用意しました。
また、環境保全・環境保護活動へのさらなる貢献を目指し、
ドネーションギフト(寄付)も用意しました。
「世界に1つだけのみらいへのギフトカタログ」より
植樹や稚魚の放流、ウミガメの保護など、
地球の自然を未来へ残すための選択肢をお選びいただけます。
ギフトの贈り先は全部で51種類。
プログラムの当日にお渡しします。
参加してくれる皆様へ、TOYOTAから感謝の気持ちです。

Close

TOYOTA

TOYOTA SOCIAL FES!! 2021 みんなとだから、できること。

TOYOTA SOCIAL FES!!

神奈川

TOYOTA SOCIAL FES!! Presents

かながわ環境保全プロジェクト

神奈川新聞社

  • サイトトップ
  • プログラムレポート

目的かながわの豊かな自然環境をみんなで守ろう!

第2回

小網代の森を再生・創出しよう!

オギなどの在来種を守るために、セイタカアワダチソウなどを抜く作業を行います。

第2回は、オギなどの在来種を守るために、セイタカアワダチソウなどを抜く作業を行います。作業を通して、小網代の森は、どのような森を目指して、どのように人の手でコントロールしているのか。どうしてセイタカアワダチソウを抜く作業をしなくてはならないのか。画一的に「外来種を抜く」という行為だけでなく、その場その場にあったコントロールをしていくことの大事さを学びましょう!

・主催:鶴見川流域ネットワーク
・共催:神奈川新聞社

REPORT

第1回

鶴見川 綱島川辺で環境再生・創出しよう!

セイタカアワダチソウなどの外来種を退治し、オギ群落の成長を手助けします。

鶴見川流域エリアは、外来種の繁茂が目立つオギやアシという課題を抱えています。

そこで第1回では、オギ群生の成長を助けるためにセイタカアワダチソウなどの外来種を退治します。ただ外来種を駆除するだけでなく、「どうしてこの外来種を取らなくてはならないのか」ということもあわせて、みんなで考えてみましょう!
------------------------------------
※雨天の場合:小雨決行(荒天の場合は、9月29日に順延とさせていただきます)

<交通アクセス>
公共交通機関でお越しください。
【電車の場合】
横浜駅より、東急東横線で綱島駅まで乗車(急行約10分、各駅停車約14分)
渋谷駅より東急東横線で綱島駅まで乗車(急行約22分、各駅停車約30分)

・主催:神奈川新聞社
・共催:NPO法人 鶴見川流域ネットワーキング
・後援:港北区、鶴見川流域水協議会

※注意事項:お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。当選者の方へは開催前にご連絡をさせて頂きます。

REPORT