遠くへ行けなくなった時、
私たちを癒しつづけてくれた地域の自然。

その恩返しをするために
TOYOTA SOCIAL FES!!が、2年ぶりに帰ってきます。

楽しみながら自然を守るという想いと共に、
2012年に日本全国47都道府県で始まり、
8年間で約9万人が参加してくれた活動が、
今年はさらにパワーアップ。

今までよりも多くの人が楽しめる
オンラインプログラムや、
地域の自然を未来へ残すため、
ドネーションギフトもはじめます。

自然を守るを、みんなで楽しく。

Close

よりよい未来って言っても、そう簡単には作れません。
プログラム当日は、いつもより動くから汗もかきます。
植物をズボッと抜いたりすれば、手も汚れます。
汗をふけるマフラータオルに、動きやすい軍手を用意しました。
また、環境保全・環境保護活動へのさらなる貢献を目指し、
ドネーションギフト(寄付)も用意しました。
「世界に1つだけのみらいへのギフトカタログ」より
植樹や稚魚の放流、ウミガメの保護など、
地球の自然を未来へ残すための選択肢をお選びいただけます。
ギフトの贈り先は全部で51種類。
プログラムの当日にお渡しします。
参加してくれる皆様へ、TOYOTAから感謝の気持ちです。

Close

TOYOTA

TOYOTA SOCIAL FES!! 2021 みんなとだから、できること。

TOYOTA SOCIAL FES!!

富山

TOYOTA SOCIAL FES!! Presents

とやま竹林活用プロジェクト

北日本新聞社

  • サイトトップ
  • プログラムレポート

目的多様性のある森林を未来に残そう!

第1回

持続的な竹林活用について考えよう!

竹の生態や環境への影響、そして竹林整備の活動について学びます。

管理が行き届いていない竹林では、日照不足や近隣の森林への侵攻により他の動植物の生態系に悪影響を与えています。竹は繁殖スピードが速いため、定期的な伐採・整備を行うための人手不足に悩まされています。

放置竹林の増加原因は、人手不足や竹の需要低下と言われています。個人レベルで実施可能な竹の活用方法を考え、プログラム全体を通して継続的な竹林の整備・活用について理解を深めます。また、参加者の皆さまには事前に「竹とんぼ」を送り、実際に竹に触れていただく機会も設けます。
--------------------------------------------------------------------
・主催:北日本新聞社
・協力:とやまの森づくりサポートセンター、NPO法人 きんたろう倶楽部、NPO法人 Bamboo saves the earth、富山県呉羽青少年自然の家

※注意事項:お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。当選者の方へは開催前にご連絡をさせて頂きます。

第1回募集は終了しました。沢山のご応募、ありがとうございました。

RESULT