遠くへ行けなくなった時、
私たちを癒しつづけてくれた地域の自然。

その恩返しをするために
TOYOTA SOCIAL FES!!が、今年も開催されます。

楽しみながら自然を守るという想いのもと、
2012年に日本全国47都道府県で始まったこの活動。
9年間で約9.1万人もの方に参加いただきました。

今年は現地開催に加えて、
より多くの人が楽しめるように
オンラインプログラムも準備しています。

さぁ、自然を守るを、みんなで楽しく。

Close

よりよい未来って言っても、そう簡単には作れません。
プログラム当日は、いつもより動くから汗もかきます。
植物をズボッと抜いたりすれば、手も汚れます。
汗をふけるマフラータオルに、動きやすい軍手を用意しました。
プログラムの当日にお渡しします。
参加してくれる皆様へ、TOYOTAから感謝の気持ちです。

Close

TOYOTA

TOYOTA SOCIAL FES!! 2022 みんなとだから、できること。

TOYOTA SOCIAL FES!!

福井

TOYOTA SOCIAL FES!! Presents

ふくいの美しい自然環境を守り続けよう

福井新聞社

  • サイトトップ
  • プログラム詳細

最終レポート

海の環境について学ぼう

RESULT

【TSF!!2021】福井開催

【海の環境保全の重要性を学ぶ】

11月27日、福井県でのTOYOTA SOCIAL FES!! は越前松島水族館を舞台に開催しました。今年はコロナの影響で、初のオンラインのみでの開催となりましたが、応募した県内外の親子ら約120人が参加。当日は雨天でしたが、配信中は雨も上がりました。

【海のごみ問題の実情を知ってほしい】

今回は、越前松島水族館の鈴木館長が河川のごみが海に流れつく現状を紹介し、道端のごみも側溝から川に流れ出てしまっている実情を話してくれました。ウミガメやマンボウがクラゲと間違えてビニールを食べてしまうことで生態系に影響が出ていること、プラスチックごみが5mm以下になったマイクロプラスチックを魚が食べると、食物連鎖で人間にも影響があることを教えてくれました。その他、水族館ツアーと参加者限定のナイトイルカショーも開催しました。

【”じぶんごと”として考えよう】

これまで福井県内各地で水に関する環境保全活動を行ったり、浜地海水浴場と三国サンセットビーチの清掃活動などを実施し、参加者の皆さんに環境保全の必要性を伝えてきました。環境問題と聞くと、大きなテーマに感じてどこか他人事と感じてしまいますが、一人ひとりが自分事として受け止めることで大きな広がりになると信じています。この活動をきっかけに、いろんな場所で環境を良くしようと心がけてもらえたら嬉しいです。

【オンライン開催だからこそ学べた人もいます】

福井県の現地からは参加者のいないTOYOTA SOCIAL FES!! でしたが、オンラインだからこそ参加してくれた方もたくさんいました。一部の参加者の方からは、いつもは会場が遠く実際には参加できなかったが、今回は自宅から福井の海の環境について学べる体験ができて良かったという声も。

【クルマde給電ってすごい】

今回は、プログラムの最後に参加者限定のナイトイルカショーを開催しました。そこで給電対応車の新型アクアを使って音楽を流すパフォーマンスを行いました。車が電源となり、イルカたちがダンスする音楽を流す試みは越前松島水族館初の試みであり、貴重な体験になりました。もしもの停電や災害、日常のキャンプ時など、緊急時から日常使いまで、たくさん活躍する次世代車について楽しんで学べてもらえたなら嬉しいです。

【福井の環境を守り続けたい】

小さな活動から、大きな繋がりを作りたい。私たちの想いはこれからも変わりません。これからもこのような環境保全活動を通して、この繋がりが少しずつ大きくなるためのお手伝いを続けていきたいですね。参加してくださったみなさん、ありがとうございました!

TOP
  • TOP