遠くへ行けなくなった時、
私たちを癒しつづけてくれた地域の自然。

その恩返しをするために
TOYOTA SOCIAL FES!!が、2年ぶりに帰ってきます。

楽しみながら自然を守るという想いと共に、
2012年に日本全国47都道府県で始まり、
8年間で約9万人が参加してくれた活動が、
今年はさらにパワーアップ。

今までよりも多くの人が楽しめる
オンラインプログラムや、
地域の自然を未来へ残すため、
ドネーションギフトもはじめます。

自然を守るを、みんなで楽しく。

Close

よりよい未来って言っても、そう簡単には作れません。
プログラム当日は、いつもより動くから汗もかきます。
植物をズボッと抜いたりすれば、手も汚れます。
汗をふけるマフラータオルに、動きやすい軍手を用意しました。
また、環境保全・環境保護活動へのさらなる貢献を目指し、
ドネーションギフト(寄付)も用意しました。
「世界に1つだけのみらいへのギフトカタログ」より
植樹や稚魚の放流、ウミガメの保護など、
地球の自然を未来へ残すための選択肢をお選びいただけます。
ギフトの贈り先は全部で51種類。
プログラムの当日にお渡しします。
参加してくれる皆様へ、TOYOTAから感謝の気持ちです。

Close

TOYOTA

TOYOTA SOCIAL FES!! 2021 みんなとだから、できること。

TOYOTA SOCIAL FES!!

沖縄

TOYOTA SOCIAL FES!! Presents

【中止】未来へ残そう沖縄の自然

沖縄タイムス社/琉球新報社

  • サイトトップ

目的未来の子どもたちへ残したい沖縄の環境を保全する

第2回

沖縄の干潟の環境を学び、保全しよう!

開催日時
2021年12月

予定

開催場所
沖縄県南城市文化センターシュガーホールの裏の干潟(南城市佐敷佐敷307)
中城湾に関する学習会のあと、干潟の観察と清掃を行います。

=====================================================
新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることから、
皆様の安全を最優先し中止することといたしました。
楽しみにされていた皆様や関係各位には申し訳ございませんが、
ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。
=====================================================

佐敷干潟は、日本の重要湿地500の一つ中城湾の南端に位置し、多様な干潟形態と複雑な生態系が特徴です。しかし北風の季節には湾内に対流するゴミが漂着し、湾内の漂流ゴミの多さを物語っています。

第2回は、中城湾に生息する希少生物等の環境について学んだ後、6グループに分かれ、グループ毎にガイドの案内で干潟の生物を観察しながら漂着ゴミを回収します。回収したゴミは種類別に数を数え、どのようなゴミがどれくらいあるのか、PETボトルはどこから来たのかについて調査しましょう!

・主催:特定非営利活動法人おきなわ環境クラブ
・協力:琉球新報社

第1回

街なかの水辺環境を学び、保全しよう!

開催日時
2021年9月

予定

開催場所
漫湖水鳥・湿地センター及び鏡原地区河岸・遊歩道沿い(豊見城市)
漫湖に関する学習会と湿地の観察会、清掃活動などを行います。

=====================================================
新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることから、
皆様の安全を最優先し中止することといたしました。
楽しみにされていた皆様や関係各位には申し訳ございませんが、
ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。
=====================================================

国場川水系の河口域に広がる湿地である漫湖は、1999年にラムサール条約登録湿地となり水鳥の生息に重要な湿地として保護されていますが、土砂の堆積、それに伴うマングローブの繁茂、1993年に開通したとよみ大橋の交通量の増加など様々なことが原因となり、鳥の数の減少や水辺植物の生育環境の破壊、川の流域から集まるペットボトルなどの散乱ゴミが課題となっています。

第1回は6グループに分かれ、それぞれ下記の内容をローテーションで行います。
(①漫湖の成り立ち、環境について学習/②漫湖と水鳥について学習/③マングローブ湿地の観察/④河岸漂着物の観察、散乱ゴミ拾い/⑤ゴミの分類、路上散乱ゴミの問題/⑥植栽活動)                            

・主催:特定非営利活動法人おきなわ環境クラブ
・協力:沖縄タイムス社