遠くへ行けなくなった時、
私たちを癒しつづけてくれた地域の自然。

その恩返しをするために
TOYOTA SOCIAL FES!!が、今年も開催されます。

楽しみながら自然を守るという想いのもと、
2012年に日本全国47都道府県で始まったこの活動。
9年間で約9.1万人もの方に参加いただきました。

今年は現地開催に加えて、
より多くの人が楽しめるように
オンラインプログラムも準備しています。

さぁ、自然を守るを、みんなで楽しく。

Close

よりよい未来って言っても、そう簡単には作れません。
プログラム当日は、いつもより動くから汗もかきます。
植物をズボッと抜いたりすれば、手も汚れます。
汗をふけるマフラータオルに、動きやすい軍手を用意しました。
プログラムの当日にお渡しします。
参加してくれる皆様へ、TOYOTAから感謝の気持ちです。

Close

TOYOTA

TOYOTA SOCIAL FES!! 2022 みんなとだから、できること。

TOYOTA SOCIAL FES!!

北海道

TOYOTA SOCIAL FES!! Presents

クリーン北海道プロジェクト

北海道新聞社

  • サイトトップ
  • プログラムレポート

目的神秘の大地 北海道の自然を守る

第7回

みんなの憩いの場「春採公園」の環境を知ろう!

開催日時
2022年10月

予定

開催場所
釧路市立博物館(釧路市春湖台1-7)(予定)
釧路湿原について学んだ後、ウチダザリガニの捕獲を行います。

釧路市では特定外来生物であるウチダザリガニが繁殖することで、在来種であるニホンザリガニの生態系が脅かされています。在来種の生息域を保持するために従来の生態系の理解を深める必要があります。

第5回は、釧路湿原の魅力とその役割、湿原に住む外来種生物の勉強をした後、実際に外来種であるウチダザリガニの捕獲事業を体験します。釧路湿原の雄大な自然を堪能してもらうことにより、自然環境保護の意識を高め、次世代への訴求を行います。(行政・協力団体の意向により、コロナ禍の状況によっては安全性確保のため人数やプログラムに変更の可能性があります)

・主催:NPO法人環境把握推進ネットワーク-PEG(予定)
・共催:釧路市(予定)
・後援:北海道新聞社(予定)

COMING SOON

第6回

十勝平野の美しい景観や豊かな生態を守ろう!

開催日時
2022年10月16日(日)

9:30~12:00(受付9:00)

開催場所
帯広の森
自然や動植物の観察・ふれあいプログラムを体験します。

十勝地方は日高山脈からの豊富な水と豊かな土壌の恵みによる農業や酪農業が盛んな地域です。また、北海道開拓の歴史を通じて美しく雄大な自然風景が形成されてきました。一方で、都市化の進展や人口の拡大により、これまで以上に環境保全の必要性が高まっています。

第6回では、帯広市内または近郊の自然や施設で動植物の観察やふれあいプログラムを体験することで、十勝平野や身近な地域で生息する動植物の生態についての理解を深めます。また、プログラムを通じて、自然景観や自然環境の保全の大切さに対する意識を高め、サステナブルな地域づくりにつなげていきましょう。
--------------------------------------------------------------------
※雨天の場合:小雨決行ですが、荒天の場合は屋内で座学を実施します。(場所:森の交流館)

<交通アクセス>
お車でお越しください。
(駐車場の台数に限りがございますので、乗り合わせにご協力ください。)

・主催:エゾリスの会
・後援:北海道新聞社

※注意事項:お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。当選者の方へは開催前にご連絡をさせて頂きます。

第6回募集は終了しました。沢山のご応募、ありがとうございました。

第5回

ヒグマから学ぶ私たちの生活と自然

開催日時
2022年9月11日(日)

10:30~15:00
(受付10:00)

開催場所
札幌市青少年山の家
ヒグマの生態について学びます。

札幌市は約6割が森林で占められる豊かな自然に囲まれた都市ですが、この森林には、多くのヒグマが生息しています。近年、ヒグマが市街地に侵入したり、ヒグマを市街地の近くに誘引したりする事例が増えています。

そこで第5回では、私たち人間とヒグマの共生のために何ができるかを考えることを目的とし、北海道での暮らしにおいては切り離せない「ヒグマ」の生態を学び、環境の変化との関連性を「ヒグマトランクキット」を用いて学習します。
--------------------------------------------------------------------
※雨天の場合:小雨決行(但し、状況によりプログラムの一部変更、中止中断等させて頂く場合がございます。)

<交通アクセス>
駐車場の台数に限りがございますので、乗り合わせの上お越しください。

・主催:エコチル事務局
・後援:北海道新聞社
・協力:公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会

※注意事項:お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。当選者の方へは開催前にご連絡をさせて頂きます。

第5回開催は終了しました。沢山のご参加、ありがとうございました。

第4回

縄文文化から学ぼう!環境保全の大切さ

開催日時
2022年9月3日(土)

10:00~12:00
(受付9:30)

開催場所
函館市縄文文化交流センター周辺
清掃活動と周辺の散策を行います。

昨年7月に北海道・北東北の縄文遺跡群が世界遺産に登録されましたが、今後は観光起爆剤として同遺跡の魅力を更に発信していく必要があります。また、遺跡・施設・地域環境に悪影響を与えないよう、官民が一体となって、この文化遺産として維持していく事も必要です。森と海は密接に関係しており、数十年後の環境保全を踏まえて森林・河川の環境維持・改善の継続的な取り組みが求められています。

前半は南茅部の海岸もしくは垣ノ島遺跡周辺の清掃活動ならびに散策を行うことで、環境保全の更なる意識向上や、自然とともに暮らしてきた縄文人の生活や衣食住環境を体感することを目的としたプログラムを実施します。また、後半は縄文文化の継承やサステナブルな暮らしについて考えるきっかけ作りを目的として、縄文文化交流センター施設内を見学します。
--------------------------------------------------------------------
※雨天の場合:小雨決行(但し、状況によりプログラムの一部変更、中止中断等させて頂く場合がございます。)

<交通アクセス>
お車または公共交通機関でお越しください。
【バス】
函館バスにて函館駅前から約1時間20分

・主催:道南歴史文化振興財団
・後援:北海道新聞函館支社

※注意事項:お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。当選者の方へは開催前にご連絡をさせて頂きます。

第4回開催は終了しました。沢山のご参加、ありがとうございました。

第3回

動物との触れ合いから感じよう!自然環境保全の大切さ

動物たちとの触れ合いを通じて、生物多様性や自然環境保全の大切さを学びます。

道内第2位の人口を有する旭川市。大雪山を擁し大小さまざまな川が流れるなど、まだまだ多くの自然が身近に残っています。しかし市内を流れる石狩川、美瑛川、忠別川、牛朱別川、永山新川。本来であれば美しいはずの河川敷にはゴミが散乱しています。市民にとっても観光客にとっても身近な存在の美しい川を守らなければなりません。

第3回は、あさひかわ乗馬クラブが飼育する動物たちとの触れ合いを通じて、生物多様性や自然環境保全の大切さを学びます。また、会場となる花咲スポーツ公園での清掃活動をすることで、常日頃の身近な自然環境を自発的に守ろうとする意識を高めます。
--------------------------------------------------------------------
※雨天の場合:小雨決行(但し、状況によりプログラムの一部変更、中止中断等させて頂く場合がございます。)

<交通アクセス>
お車または公共交通機関でお越しください。
【バス】
・北高前下車
・花咲4丁目下車
・護国神社下車

・主催:あさひかわ乗馬クラブ
・後援:北海道新聞旭川支社

※注意事項:お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。当選者の方へは開催前にご連絡をさせて頂きます。

第3回開催は終了しました。沢山のご参加、ありがとうございました。

RESULT

第2回

湧別川をまるごと楽しもう!

河川敷の清掃、生き物の自然観察・水質調査などを行います。

オホーツク・湧別川の自然に関心をもってもらい、楽しく学び、安全に遊ぶ―。北見山地・天狗岳からオホーツク海へ流れる湧別川はその流域に豊かな自然を残しています。身近なところにあった大自然に親しみ、その環境の豊かさ・美しさをあらためて感じ、次代に引き継いでいけるよう、河川敷の清掃、川虫や川魚などの自然観察・水質調査を行います。昼食を挟み、カヌー体験や釣り体験、最後にはライフジャケットを着用のうえ、じゃぶじゃぶと川に入って豪快に遊びます。
--------------------------------------------------------------------

※雨天の場合:少雨決行(荒天の場合は8月7日に順延とさせて頂きます。)

<交通アクセス>
お車でお越しください。
(駐車場の台数に限りがございますので、乗り合わせの上お越しください)

・主催:ゆうべつアウトドアクラブ YU-PAL、湧別川のサクラマスを考える会
・後援:湧別川教育委員会、網走開発建設部、サッポロ エコロジー事務所、FRSコーポレーション(株)、北海道新聞社

※注意事項:お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。当選者の方へは開催前にご連絡をさせて頂きます。

第2回開催は終了しました。沢山のご参加、ありがとうございました。

RESULT

第1回

イタンキ浜の鳴り砂を守ろう!

イタンキ浜の清掃を行います。

砂地を歩いたときに「きゅっきゅっ」と音を出す不思議な砂を鳴り砂(鳴き砂)といい、全国でも30ヵ所あまりの場所しかありません。「鳴り砂は環境のバロメーター」といわれるほど、環境に左右されやすく、不純物が混じることで音が鳴らなくなってしまいます。

鳴り砂を守ることは、私たちの住む環境を保護するだけでなく貴重な自然の財産を未来に伝えることでもありるため、第1回では、イタンキ浜鳴り砂を守る会の皆さんと共に清掃活動を行います。
--------------------------------------------------------------------
※雨天の場合:少雨決行(荒天の場合は7月18日に順延とさせて頂きます。)

<交通アクセス>
お車でお越しください。
(駐車場の台数に限りがございますので、乗り合わせの上お越しください)

・主催:室蘭イタンキ浜 鳴り砂を守る会
・後援:北海道新聞社

※注意事項:お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。当選者の方へは開催前にご連絡をさせて頂きます。

第1回開催は終了しました。沢山のご参加、ありがとうございました。

RESULT
  • TOP