遠くへ行けなくなった時、
私たちを癒しつづけてくれた地域の自然。

その恩返しをするために
TOYOTA SOCIAL FES!!が、2年ぶりに帰ってきます。

楽しみながら自然を守るという想いと共に、
2012年に日本全国47都道府県で始まり、
8年間で約9万人が参加してくれた活動が、
今年はさらにパワーアップ。

今までよりも多くの人が楽しめる
オンラインプログラムや、
地域の自然を未来へ残すため、
ドネーションギフトもはじめます。

自然を守るを、みんなで楽しく。

Close

よりよい未来って言っても、そう簡単には作れません。
プログラム当日は、いつもより動くから汗もかきます。
植物をズボッと抜いたりすれば、手も汚れます。
汗をふけるマフラータオルに、動きやすい軍手を用意しました。
また、環境保全・環境保護活動へのさらなる貢献を目指し、
ドネーションギフト(寄付)も用意しました。
「世界に1つだけのみらいへのギフトカタログ」より
植樹や稚魚の放流、ウミガメの保護など、
地球の自然を未来へ残すための選択肢をお選びいただけます。
ギフトの贈り先は全部で51種類。
プログラムの当日にお渡しします。
参加してくれる皆様へ、TOYOTAから感謝の気持ちです。

Close

TOYOTA

TOYOTA SOCIAL FES!! 2021 みんなとだから、できること。

TOYOTA SOCIAL FES!!

熊本

TOYOTA SOCIAL FES!! Presents

憩いの水辺保全プロジェクト

熊本日日新聞社

  • サイトトップ
  • プログラムレポート

目的地域の憩いの場、国内最大級の荒尾干潟を未来に残そう!

第1回

荒尾干潟の魅力を知り、多様な生物のすみかである干潟環境を守ろう。

荒尾干潟について学びます。

荒尾干潟では古くから海苔の養殖やアサリ漁、マジャク漁が営まれてきましたが、近年、水質の変化・資源の減少により漁獲量が減少しており、漁業組合が中心となって干潟の耕耘や覆砂などの再生事業を行っています。また、地域住民の環境への関心を高める活動や、日本野鳥の会熊本県支部と連携した海岸清掃活動、探鳥会なども行っています。

今回はオンライン形式で荒尾干潟水鳥・湿地センターと連携し、荒尾干潟の魅力やラムサール条約認定地としての価値・意義などを学びます。その後、多種多様な生物の住処として、また渡り鳥たちの中継地・越冬地としても重要な拠点となっている荒尾干潟の観察をライブ配信で実施。ラムサール条約の基本理念である湿地の「保全」と「賢明な利用」を推進するために貴重な荒尾干潟の自然について学びましょう!

--------------------------------------------------------------------

※雨天の場合:小雨決行(但し、状況によりプログラムの一部変更、中止中断等させて頂く場合がございます。)

・主催:熊本日日新聞
・後援:熊本県、荒尾市
・協力:荒尾干潟保全・賢明利活用協議会

※注意事項:お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。当選者の方へは開催前にご連絡をさせて頂きます。

第1回開催は終了しました。沢山のご参加、ありがとうございました。

RESULT