遠くへ行けなくなった時、
私たちを癒しつづけてくれた地域の自然。

その恩返しをするために
TOYOTA SOCIAL FES!!が、今年も開催されます。

楽しみながら自然を守るという想いのもと、
2012年に日本全国47都道府県で始まったこの活動。
9年間で約9.1万人もの方に参加いただきました。

今年は現地開催に加えて、
より多くの人が楽しめるように
オンラインプログラムも準備しています。

さぁ、自然を守るを、みんなで楽しく。

Close

よりよい未来って言っても、そう簡単には作れません。
プログラム当日は、いつもより動くから汗もかきます。
植物をズボッと抜いたりすれば、手も汚れます。
汗をふけるマフラータオルに、動きやすい軍手を用意しました。
プログラムの当日にお渡しします。
参加してくれる皆様へ、TOYOTAから感謝の気持ちです。

Close

TOYOTA

TOYOTA SOCIAL FES!! 2022 みんなとだから、できること。

TOYOTA SOCIAL FES!!

熊本

TOYOTA SOCIAL FES!! Presents

憩いの水辺保全プロジェクト

熊本日日新聞社

  • サイトトップ

目的地域の憩いの場、国内最大級の荒尾干潟を未来に残す

第1回

海岸を清掃し、荒尾干潟の雄大さを満喫しよう

開催日時
2022年11月5日(土)

10:30~12:25
(受付10:00)

開催場所
荒尾干潟
海岸を清掃し、荒尾干潟について学びます。

荒尾干潟では古くからノリの養殖やアサリ漁、マジャク漁が営まれてきました。しかし近年、水質の変化・資源の減少により漁獲量が減少。漁業組合が中心となって干潟の再生事業を行うほか、日本野鳥の会熊本県支部と連携した海岸清掃活動、探鳥会などを行っています。

今年度は、荒尾干潟水鳥・湿地センターと連携し、荒尾干潟の魅力やラムサール条約認定地としての価値・意義などを学びます。その後、多種多様な生物の住処として、また渡り鳥たちの中継地・越冬地としても重要な拠点となっている荒尾干潟の貴重な環境を守るために、海岸の清掃活動を行います。ラムサール条約の基本理念である湿地の「保全」と「賢明な利用」をプログラムを通して学びましょう。熊大松浦ゼミ生による、ラムサール条約や荒尾干潟についての知識を深めるためのミニイベントも計画中。
--------------------------------------------------------------------
※雨天の場合:小雨決行(但し、状況によりプログラムの一部変更、中止中断等させて頂く場合がございます。)

<交通アクセス>
お車または公共交通機関でお越しください。
【電車】
JR鹿児島本線 南荒尾駅から徒歩10分

・主催:熊本日日新聞社
・後援:熊本県(予定)、荒尾市(予定)

※注意事項:お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。当選者の方へは開催前にご連絡をさせて頂きます。

第1回開催は終了しました。沢山のご参加、ありがとうございました。

  • TOP